Get Social

これだけは知っておきたい結婚相談所でうまく結果を出す方法

結婚相談所の費用は男性が多く払う!?

婚活ブームと言われて久しいですが、婚活ブームのおかげで婚活市場も盛り上がっており、結婚したい時に相手がなかなか見つからない場合、結婚相談所に相談をしに行くという人も珍しくはなくなってきました。いざ結婚相談所に行こうとする場合、気になるのがその費用ですね。費用は女性よりも男性のほうがたくさん払う傾向にあるのです。大きな差が出るのは実際に結婚が決まった時で、そこで男性に100万円以上のお金の請求がいくため、男性はお金がないとそもそも相談できないのが現状なんです。

結婚相談所でうまくいきやすい人とは?

結婚相談所で実際に結婚できた人にはある傾向があるのですね。その傾向とは、自分の価値をわかっている人です。これは、自分を客観視できるかという大変難しい問題ですが、年齢を重ねると自分を客観視しにくくなる傾向にある人も多いみたいですね。そもそも自分の価値とは何かということですが、結婚相談所においての男性の価値とはズバリ年収で、女性は年齢です。つまり、異性が自分の理想とする基準をクリアしていなければそもそも書類選考から先に勧めないわけですが、相手に求める基準があまりにも高くていつまでも結婚ができない人がいることもまた事実です。

自分で気が付くしかない自分の価値

自分の価値を知るということはとても残酷なことですよね。人間に値札は付いていませんが、婚活市場の中では商品と同じように値札がついているのと同じですね。自分の値札は3000万円ぐらいだと思って恐る恐る自分の背中についている値札を見てみると300万円程度の価値しかなく驚愕したということもあるわけです。ですが、その時自分を冷静に客観視して、本当の価値を知ってそこから自分とつりあった相手を見つけることができる人こそが結婚前たどり付ける人ではないでしょうか。

結婚相談所なら東京において評判が良い所を選ぶことで、充実したサポートによって素敵な相手と巡り合うことができます。

結婚式の招待状の選び方・作り方のポイント

招待状のデザインを決めよう

結婚式のイメージをする上でも、大切な招待状。新郎新婦が選んだデザインが、ふたりのもつイメージと繋がっていくので大変重要になってきます。結婚式場のプランや業者に委託することで、デザインなどを選ぶこともできますが、自分たちで手作りすることもできます。プランにあるものを選ぶ場合や、業者にお願いしてしまう場合は、スピーディにできて忙しいカップルにはおすすめですが、費用面では自分たちで作るよりは高額になってしまいます。一方、手作りにする場合は、世界で自分たちだけのオリジナルが作れますが、時間と手間隙がかかりますので、時間に余裕のある方におすすめです。

招待状には何を書けばいいの?1

招待状に書かなくてはいけないものは、差出人の名義・本状の文面・付箋という、大きく3つにわかれており、それぞれに色々とルールがあります。もし、全て手作りで作りたい場合には、ルールに気をつけながら作っていきましょう。まず、文面の内容で一番いれなくてはならないのは、挙式が「いつ」「どこで」「だれか」「どんな挙式を行うか」を書き記す事です。それと、招待状の発送年月日と返信の期限についてもきちんと明記しておきましょう。

招待状には何をかけばいいの?2

次に差出人の名義ですが、招待するゲストに、目上の方や親族の方が多くなる場合の方には特に気をつけていただきたいことなのですが、失礼のないよう両家の父親の名前で送るのが通例です。したがって、本人名義で招待状を送る場合には、親しい友人や同僚などの立場の方と分けて出すようにしましょう。さらによくある失敗例ですが、本状の文面には「終わる」とか「切れる」とか「わかれる」などの意味をさけるため、句読点をうちません。通常との手紙との違いに気をつけましょう。

結婚式ティアラを使うとぐっとおしゃれになります。誰でも、お姫様のようなかわいらしい雰囲気になります。