Get Social

知らないと恥をかく!!結婚式出席までのマナー3選

招待状をもらったら・・

結婚式の招待状を受け取ると、こちらまで幸せな気分になり結婚式が楽しみになる反面、結婚式のマナーについては心配になってしまいますよね。みんなのまねをすれば大丈夫なんて思っている人もいると思いますが、一通りのマナーが頭に入っているのと入っていないのでは大違いです。まずは招待状についてです。返信は期限までに送付することは当たり前ですが、なるべく受け取ってから3日以内に送付できるとよいですね。新郎新婦は出欠がわかれば次のことを進められるので早めの返信が助かることと思います。

ご祝儀はどうすればいいの?

次に悩んでしまうのがご祝儀ですよね。少なすぎても多すぎても、と悩んでしまいますよね。結婚式やご祝儀については地域によって違いや特徴があったり、その家の考え方にもよるので、一概にこうであるとは言えませんが、だいたいの目安についてご紹介したいと思います。新郎新婦が友人の場合は2~3万円が相場となっています。一昔前までは2で割り切れる2万円なんて別れを連想し、とんでもないという考えでしたが、今は2人の幸せを、という意味を用いて使用されるようになっています。新郎新婦が親族の場合の相場は3~10万円、夫婦で出席する場合は5~10万円が相場となっています。

どういう服装がいいの?

最後にご紹介するのは服装のマナーです。こちらもなにを着ていこうか、当日まで悩んでしまうという人も少なくないのではないでしょうか。主役は新郎新婦であることを頭に入れ、目立ちすぎることのないように配慮しましょう。女性の服装で控えた方かよいものは、肌の露出の高い服装、奇抜なファッション、カジュアルすぎるものなどがあげられます。もちろん花嫁と同じ白を避けることは言うまでもありません。男性はビジネススーツでは場違いになってしまうので相応の服装で出席することが大切です。新郎よりも目立つ派手な服装、革ジャンやジーンズ、スニーカーなどは控えた方がよいでしょう。

鶴岡八幡宮で結婚式ならば、厳かな挙式を実現できます。あらかじめブライダルフェアに参加すれば、式場の雰囲気を味わえます。