Get Social

失敗したくない!婚約指輪の選び方のポイント

婚約指輪の意味は??

婚約指輪の歴史は古代エジプトまでさかのぼります。丸く切れることのないそのデザインから、太陽や月のような神秘のパワーを秘めたものとされ指輪を着けた人を守ってくれるとされていました。古代ローマ時代には結婚よりも婚約が重視されていたため、婚約指輪を送ることが一般的でした。日本では明治時代からその文化が広まったとされています。婚約した相手を大切に、ずっと守り通すという深い愛は昔も今も変わらず大切にされているものなんですね。

婚約指輪を購入する前に

婚約指輪を購入するときにいくつかポイントがあります。まずは予算とデザインです。奮発していいものを送りたい!と考える人もいるでしょうが、その後の結婚生活や結婚式費用のことまでしっかりと考えて予算を組んだほうがいいでしょう。また、せっかく高価なものを準備しても彼女が喜んで着けてくれるデザインでなければ意味がありませんよね。それとなくデザインを聞くのもいいですが、予算のことも含めて相談しておくとうのも1つの手です。

やっぱりダイヤモンドが定番?

婚約指輪の定番はやっぱりダイヤモンドですが、最近はダイヤモンド以外の石を選ぶ人多いようです。石の種類を何にしようが、やはり品質と石の大きさが重要になります。予算をオーバーさせないことも考えながら、質と大きさを重視して選びましょう。婚約指輪ほど立派な石の着いている指輪はなかなか買わないものなので、指輪のブランドよりは石をメインにお店選びをするのもいいでしょう。後悔のないように事前に情報収集して購入に踏み切りましょう。

婚約指輪の定番デザインであるソリティアは、石を1粒だけセットしたリングです。1粒ダイヤを立て爪で留めたオーソドックスな形が人気です。

自分に似合うのは?結婚式のドレス選びで重視したい点

最近はデザインも豊富!結婚式のドレスのデザイン

ウェディングドレスって、幸せイメージで結婚願望のある未婚女性はもちろんのこと、すでに既婚の女性でももう一度着たいくらい素敵なものですよね。そして、そのドレスにも色々な形のものがあります。例えば、一般的にウェディングドレスと聞いてイメージされる、ウェスト切り替えからふんわりレーシーなスカート部分が広がるものは、プリンセスドレスといわれています。他にもウェスト切り替えからのスカートの広がり方がもう少しシンプルになだらかな感じに広がるAラインドレス、全体的にボディーにフィットしたデザインだけどくるぶし付近からすそに広がりをもたせたマーメイドドレス、全体的にシンプルにボディに軽くフィットさせたスレンダードレスなどがあります。また、最近ではハイウェスト切り替えでスカート部分がゆったりとナチュラルに広がるエンパイアドレスも浸透してきています。

自分の結婚式だもの・・・自分に似合ったものがいい!

色んなドレスのデザインがありますが、ちゃんと自分に似合ったものを着たいですよね。もちろん、試着はしっかりするのがベストなのですが、お仕事の合間とかに何度も試着って結構疲れますし、今居る場所から遠方での挙式を行う予定の方は、なかなか何度も式場に足を運べません。そこで、ある程度自分の体型に似合うデザインのめぼしをつけておくことが重要になってきます。また、襟元や袖のデザインもある程度考えておいたほうがよいでしょう。例えば襟元には、ハイネックやUネック、Vネックと言った普段着などでもよく見かけるデザイン以外に、スクエアネックや、肩の上部が露出したオフショルダーもありますし、袖はいわゆるこんもりとボリュームのあるパフスリーブや身頃と袖の切り替えがないフレンチスリーブ、ひじのとこまではシャープだけどひじから先が広がっているパコダスリーブなどがあります。

体型別!自分に似合うウェディングドレスって?

ドレス選びで一般的に重視されるのは、身長と横幅です。背が高く細身の方は、マーメイドやAラインドレスがお勧めですが、更に裾を後ろに流すタイプだとうんと華やかになります。逆に細身でも背が低い方は、Aラインやプリンセスタイプでハイウェスト切り替えを選ぶと背の低さがカバーできる上に可愛らしい印象も出せますし、ちょっと落ち着いた雰囲気を出したい場合はスレンダータイプやエンパイアタイプも似合います。背が高くても低くてもちょっとぽっちゃりされた方の場合は、Aラインやプリンセスタイプのものでハイウェスト切り替え、特に切り替えからしっかりレースが広がっているタイプのものでお腹周りの肉付きを隠しつつ可愛らしさも演出しましょう。襟のデザインは、背の高さや横幅より首の長さや太さが関係してくるので、実際に普段自分が着られている洋服の中でも似合うものを選ぶのが無難ですが、逆に袖のデザインは二の腕の太さが関係してきますので、ちょっと肉付きの良い方は、パコダスリーブかパフスリーブの長袖タイプ、あるいは逆にしっかり肩を露出させるビスチェタイプの襟(袖が全くないもの)にするのがベターです。

古代ローマでは、結婚を約束したことを公にするにあたって輪廻と永遠の象徴であるリングを贈るようになりました。これが人類で最古のエンゲージリングと言われており、シンプルな鉄製の指輪が使われていました。

ページ:1234